サービスが無くなってもいいから、会社を売却できるか?

Sunrise Calendarというカレンダーアプリをよく使っています

スクリーンショット 2016-07-31 15.20.12

僕がよく使っているカレンダーアプリにSunrise Calendar(以下Sunrise)というのがあります。
見た目はGoogle Calendarとそれほど変わらないのですが、良いところを幾つか挙げると

  • 予定を入力するときにイチイチ画面遷移しなくていよい
  • Facebookイベントや他のアプリ、ツールなどの連携が充実している
  • アプリも直感的な動作ができて良い

など、ブラウザ版もアプリ版も総じて完成度が高く、使いやすかったので社員をはじめ様々な方におすすめしていました。

使い勝手についてはこの記事がわかりやすいです。

Microsoftの買収により、終了のお知らせ

2015年2月にMicrosoftに買収されることが決まり、2016年8月末をもってサービス終了がアナウンスされていました。
カレンダーアプリなので、仕事で接触時間が多いという特性上ヘビーに使うユーザも多く、僕をはじめファンが多かったんですよね。
ですが今月で無くなってしまい、1ユーザとしては非常に残念です。

買収には2種類ある

さて、ここからが本題ですが今回みたいに会社自体が買収されるケースはよくあるのですが、買収の目的には大きく2種類ありまして、

・買収されたサービスが良い、もしくは買収元の会社のサービスと相性が良いからそれをそのまま伸ばす
→サービス存続。

・買収された会社の人・チーム・コア技術が良いから、引き抜きたい。
→最悪サービスが無くなるケースも。

今回は結果としては後者で、買収されたSunriseのチームはMicrosoftのOutlook(のカレンダー機能)を開発することになり、Sunriseは終了という流れになってしまいました。

Sunriseは無料のサービスでした

Sunriseはサービスの中に課金ポイントががないサービスでした。そうなると、会社の運営は

投資家から資金調達したお金

で運営していくことになります。ちなみに、Sunriseに投資した投資家は27社(人)で、トータルの資金調達額は$8.22M(日本円で8.2億円くらい)です。

起業家がMicrosoftに買収されるという判断に至った理由

いくつか考えられるのですが、一般的に

  • 会社の運営資金が尽きそうだった
  • 売れるときに売って利益を確定させたいという投資家からのプレッシャー
  • 会社を売って次のチャレンジをしたい、という創業メンバの考え

などが考えられます。
実際、創業から2年3ヶ月という短期間で買収されているので、最初から短期での買収を目標にしていた可能性も全然あると思っています。

起業家の立場でサービスが無くなってもいいから、自分たちの会社を売れるか

business-e033b30c2d

普通に考えてMicrosoftとの買収交渉の中で、

サービスが無くなること

についても当然議論されているはずですので、先ほど書いたように最初から決めていたことなのかもしれません。
ただ自分たちが育ててきた愛着のあるサービスを無くしても、会社を売却するという決断が出来るかというと非常に難しいのかなと思います。

今日、ジブンゴトとしてこのことを考えてみたのですが

自分もしくは自分の周りの人が欲しいと思ったから作ったサービス

を運営している人にとっては非常に悩ましい決断になるだろうなと思います。

ちなみにUSでは日本に比べて会社が買収されることはよくあります。
日本だと会社が買収されるということは、なんとなくネガティブなイメージを持ちがちですが、買収によって投資家は投資した資金を増やして回収できるし、リスクを取って起業した起業家は大抵お金持ちになりますしそれはそれで良いことです。
(日本でも、買収された会社の創業者がしばらくして新たなチャレンジをしたり、エンジェル投資家となったりするケースが増えてきましたよね!)

このテーマについてどう考えるのか、サービス運営されている経営者の人たちの意見を聞いてみたいです。

 

 

あと、誰かSunriseの代わりに使えるサービスを教えてください!!

起業目指してる人は海外ドラマシリコンバレーを見たほうがいいよ!

ドラマ「シリコンバレー」の日本語字幕版がHuluで見られる!

74794010a280fa4f3775e7e5120a9006-1

シリコンバレーという、タイトルまんまなんですけど、シリコンバレーでスタートアップする若者のドラマがあります。
以前からあるのは知ってて前から気になってたんですけど、
マックス木下の投稿で日本語字幕版がHuluで公開されてるので見てみました。シーズン1は 30分×全8話です!

と思って投稿を見返したらマックス木下もまだ見てない模様w

やばい、自分が見てないのに僕に見させるマックス木下の影響力やばい。大物ですね。

スタートアップあるあるの宝庫

ストーリーについては他のブログとかで解説されてるので、ここでは余り触れませんが、
ものすごいざっくり言うと、

シリコンバレーの有名企業に務めるエンジニアが、
趣味で作った音楽共有サービス(Pied Piper)の圧縮技術が超すごくて、
それで起業することになるってお話です。

さて、ネタバレにならない程度にあるあるなエピソードを

タイトルがスタートアップ感満載

MVP
資本政策表
定款
概念検証

など、スタートアップするのに必要なエッセンスが各話に散りばめられています。

内製しきれず外注して大変なことになる話

切羽詰まって外注するといいこと無いって話。これはスタートアップあるあるというよりかはWeb制作あるあるかもしれませんね。

色々なアプリのオマージュ

があるらしいですが、元ネタが全然わからなかった。。誰か解説してください!

おまけ

Pied Piperという社名はPayPalへのオマージュ?

主人公が開発したPied Piperに最初に投資する投資家の名前がピーターなんですが、
ピーターといえばPaypal創業者のピーター・ティール。そういえばPied Piper社のイニシャルもP.Pですね。
これって偶然、、じゃないですよね?
ググってもよくわからなかったのですが、誰か知ってたら教えてください。

CrunchBaseのよく見られてる企業に載ってるよ

CrunchBaseという、スタートアップ企業のデータベースサイトがあるんですが、そこにPied Piper社が載っています。
しかもよく見られている企業になっちゃってます。実在しないのに。
screenshot-www.crunchbase.com 2016-06-15 18-15-50
非実在の会社が載っちゃってるのがユーモアがあっていいですね。

続きはHuluで

Huluではシーズン2を毎週更新中。
アメリカではシーズン3が終了して、シーズン4の制作も決まっているとか!
Huluは二週間無料なので、とりあえず見てみましょう!

※僕も2週間の無料期間の間にシーズン1見切りました!
30分で1話なので、会社に行くまででだいたい1話見れるのでちょうどよかったです。

※僕のスマホはMVNOで月々の通信容量制限があるので、通信料を気にしてたんですが30分100MBくらいでした。
画質は悪くなかったので、Huluのアプリが優秀なのかな?

リモートで働くスーパー主婦がいないとバックオフィスが回らない件

今オフィスにだいたい12人くらいいます

社員数は少ないのですが、業務委託・アルバイトなどを入れると延べ20名位のチームで、
その人達が日によって入れ替わりで来るので、だいたいオフィスには12名程度います。

このフェーズだと、基本的には攻める要員しか置かない

たとえば、弊社の場合一番重要なのがサービス開発なので、
リソース配分としては、エンジニア・デザイナーにリソースを厚く配分するわけです。
たとえば営業が必要な法人向けサービスであれば営業マンや電話でアポを取る人などを置きますよね。

事業として立ち上がっていくフェーズで、そうなると攻めの部分に重きを置いていくので、
たいていの場合、会社のバックオフィスなどはないがしろにされます。

オフィスを借りてから、焦った!

[Read more...]

ブログで書いて欲しいテーマを募集します!

アンケート取りますので、気軽にどうぞ!

いろいろ書こうと思っているのですが、このブログを見ている人が知りたいテーマってなんだろう、と思ったのでアンケートを取ってみます。
複数回答&選択肢にないけどこれ知りたい!などあったら「その他」の欄に気楽に書いてください!

なんだかんだ言って、知りたい!と思われてることを書くほうがテンション上がりますので、ご協力よろしくお願いします!

「仕事中にヘッドホンをしても良いか?」はクリエイターを尊重する文化があるかどうかの踏み絵としてイケていると思っています

GWはいかがお過ごしでしょうか?橋田です。

ブログを1年ぶりに更新します。1年間で会社もいろんなことがありました。

  • ペライチのリリース
  • 資金調達
  • オフィス移転
  • 採用

個々の話はまた気が向いた時に書くとして、僕は今でこそ経営者として会社を2年位やっていますが、バックグラウンドがエンジニアでして前々から

どうしたらエンジニアを採用できますか?

という相談をとても多く頂きます。

特に既に営業の方が沢山いて、そういった文化の会社がサービス開発していくためにエンジニアを採用したい、と言うのは超大変です。
すでに文化がある会社にエンジニアを入れていこうとするのは、スタートアップの非エンジニア起業家が共同創業者とかCTO的なエンジニアを探すのとまた違った悩みだと思います。

弊社の例

[Read more...]