背中を預けられる最高のメンバと仕事ができるか?

こんにちは。橋田です。

最近メンバが増えたり、サービスの動きについて聞かれることが多いので書きたいと思います。

サービスの状況

ペライチの状況は、今できているβ版をもってユーザヒアリングをして、
良い部分、悪い部分、お金を払うかどうかなど、仮説検証を続けているところです。

「いつ出んの?」とよく聞かれますが、改善を繰り返して確実に前に進んでいますので、今しばらくお待ちください。

また、ターゲットユーザになりそうな方にお声がけすることあると思いますが、その節はよろしくお願いします!

チームの状況

取締役に香月・山下を迎え、ホットスタートアップの体制がやっと整いました!
前から入ってほしいとラブコールを送っていたメンバが揃いまして、会社設立から半年、ようやっとスタートラインに立てた感じです。

photo__4_
左から、香月・僕・山下。1年以上前からこうなることを願っていました。

また、勢いのあるお手伝いメンバも健在です。
若干入れ替わりもありますが、僕ら以外に常時4-5名が手を動かしています。
また、アドバイスくれたり応援してくれてる方のFacebookグループが50名くらいになりました。 [Read more...]

人との出会いだけが人生を変える

 

最近これは!という面白そうな人には自らアプローチして会うようにしています。
会った人の中で面白いなーと思う人をピックアップします。
ちなみに出会うキッカケはほぼブログですね。 [Read more...]

エンジニア系のイベント運用のコツ

 

最近、エンジニアを採用したいからイベントをやりたい!という相談が多いので、ちょっとまとめてみます。

 DSC_4551_2

なぜイベントをやるのか?

エンジニアの採用は大変です。転職サイトを使うとコストもかかります。
また特にスタートアップの会社ではマインド重視採用で、お互いを十分に理解してから入社してもらうというところも多いのではないでしょうか?

Wantedlyなどそうだと思うのですが、取りあえず会社に遊びに行って(=接点を持って)じっくりお互いを理解して、
転職したい!というタイミングが来たらする、という流れを作っていますね。

まらダイレクトリクルーティングといえばビズリーチですが、
彼ら自身も肉リーチというサイトを作って学生のダイレクトリクルーティングに力を入れています。

そういう意味で、イベントは会社とエンジニアの重要な接点になっていると思います。

エンジニアはなぜ勉強会に来るか

参加者から運営する側に変わっていった僕の経験的には以下です。 [Read more...]

有言Laboデモデーを終えて

水曜は有言Laboのデモデーでした。お陰様で満員御礼、ありがとうございました!

DSC_4551


イベントの内容は公式ブログをご覧ください。

さて、4月からやってきたCo-Edo有言Laboですが、
簡単に言うと自主的なインキュベーション企画です。

10週間の朝ピッチ会の後にデモデーをやるというもので、今回はそのデモデーでした。

僕は運営兼プレイヤーという事で、この3ヶ月ちょっとを振り返ってみたいと思います。

やってみて良かったこと

adviser

色々なツッコミを頂けた

アドバイザの方々に、事業を客観的に見ていただいたり、困っていることに相談載っていただいたりして本当に助かっています。

ペースメイクや、他のチームと切磋琢磨できた

まだ事業も本格スタートしていない起業家って、孤独な戦いなんです。
仲間やライバルが居ると自然とがんばります。人間って不思議ですね。

情報や支援者が集まってくる

なんか面白そうだな、という事で色々な情報が集まってきたり、
支援者の方々を巻き込んで各回のピッチやイベント、そして最後のデモデーまで走ることができました!

足りなかったこと

やはり、VCやインキュベータが運営しているものと異なり、
自らもプレイヤーとして、自分のプロダクトのことを第一に考えなくてはいけないので、
全体のクオリティを上げるなどの、動きが足りなかったと思います。

代々木系みたいな起業家コミュニティ

ちょっと前に代々木系の先輩起業家のパネルディスカッションイベントをやった時に感じたのですが、
一緒に走る仲間や、情報共有できる人達が居るのと居ないのでは起業家の成功確率が大きく変わると思います。

これで終わりではなく、起業家コミュニティとして活動していきます。

なんだかんだ言って今の時期を一緒に走ってきた仲間って大事です!
これからも月一くらいは何かしらやろうと思っています。


第二期は?

「次あるの?」「やってほしい!」とよく言われます。

まず、有言Laboは自主インキュベーション企画なので、
僕らが主体的にやるのは違うと思います。

もし次やりたい人いたらやりたい人が集まったらやったらいいのかなと思います。
その中でも特にエネルギー高い人が2,3人は必要かなぁと思います。

もちろん運営ノウハウや、人脈面などはお手伝いします。
もし興味がある方いたら、Facebookのメッセージなどでご連絡ください。


最後に

関係者の皆々様、本当にありがとうございました!

これで終わりではなく、一社でも社会にインパクトのある会社を輩出できたら
やった意味があったと思います。

僕もまだまだですが、大きいビジョンを掲げて走っていけるよう精進致しますので、
ご指導ご鞭撻よろしくお願いします!

スクー第二夜の質問に答えます!

schoo_day2

月曜に引き続き、昨日もスクーの授業『非プログラマーが起業してWEBサービスを作るための2つの具体策』に出演してきました!

前回以上に期待値が高かったので緊張しましたが、
なんとか大幅に時間オーバーせずに出来ました。

やはり授業の流れの中でリアクションが見れるので、生放送面白いですね!
前回に引き続き、答えきれなかった質問を打ち返していきますね。

schoo_d2_q2

schoo_d2_q3

ネットワーキングのコツってありますか?

私は普段営業なのでアウトバウンドをやっていると量質転化を実感しますが仲間探しにも当てはまりますか?

→当てはまると思います。ロジックとしてはこうです。

・話す中身については
たくさん人に合う
→沢山説明する
→自分の思考や表現がクリアになる
→説明がシャープになる

・人との向き合い方については
たくさん人に合う
→いろんな人の考え方・性格がわかるようになってくる
→出会う人によって刺さるポイントがわかってくる
→説明やコミュニケーションの仕方をカスタマイズできるようになる

schoo_d2_q4

先生がコワーキングスペースにに居る時、エンジニアを探している起業家って良く見かけるのかな~?

→よく見かけますねー。

schoo_d2_q5

お金がない事が多いから、面白そう!っていう要素がないと触手をのばせません。

→まさにそうで、起業家の立場に立つと、リソースが無いので他に差し出せる何かがないと協力してくれないと思います。

 schoo_d2_q6

schoo_d2_q7

先生の指についているのは一体…どんな仕組み…

後藤 将弥さん レーザーポインターだと思います。長方形はよく見かけますが、指輪型はおしゃれで便利でよさそうですね。

→これはレーザーポインターではなく、ページ送りをするためのものです。

そういうガジェットは幾つかありますが、僕が使っているのはコクヨの黒曜石です。創業祝いにいただきました。3000円くらいです。

 schoo_d2_q8

エレベーターピッチ。エンジニアじゃないけど、メルカリ山田さんと松山大河さんは横断歩道を渡る時間で投資を決めたらしいし。この事例は特殊か。

→大河さんと進太郎さんの元々の関係性とかってのもあるとは思いますが、
一般的に投資家は僕等以上に沢山の人と事業を見ているので、
10秒で投資を決めるっていうのもあながちウソじゃないかなぁって思ってます。
まだまだ僕は一瞬で人を見極める領域に達していないですが、
確かにそう言われると、会って2秒くらいでその人と合うか合わないか判断してる気がしますね。

schoo_d2_q9

schoo_d2_q10

住んでる市近辺にコワーキングスペースがない(汗)

聞ける人がいない場合はどうしたらいいですか?

→確かに困りますね。。。
あんまりいい解決策は無いんですが、オンラインで学ぶサービスを使うしか無いでしょうね。

無料
ドットインストールなど

お金があれば
CodeCampなど

プログラミングに限らずですが、環境とか周りの人がいるとかってものすごく大事です。
日本では東京が、特にITの会社が集まる渋谷六本木界隈でよくイベントが行われてたり、スタートアップの人が沢山いるんじゃないでしょうか?
本気なら引っ越してくるという選択肢も考えた方がいいと思います。

大事な事なんでもう一回いいますね。

環境は超大事!!

自分がそうなりたければ、そういった環境に身を置くのが一番吸収できて、成長します。飛び込みましょう!
そうやってうまく行っている人も知ってます。

schoo_d2_q11

コミニュティが活発か?とかも言語選択ポイント 勉強会とか

→その通りですね。ググってわかることも沢山ありますし、イベントなどを発見して行けば一気に広がると思います。

schoo_d2_q12

レーサーになる必要はないけど、運転免許はとっておけくらいな感じかな。

→メッチャいいたとえです!

schoo_d2_q13

アプリ開発とwebサービス関係のプログラミングどちらから始めるほうが挫折しにくいですか?


→一般的にはWebサービスです。理由はアプリ開発をやっても絶対にサーバサイドの理解が必要になってくるからです。
とはいえ、作りたいアプリがあるのであればそれを最短ルートで目指すのが良いと思います。

schoo_d2_q14

そもそも「Ruby」とはなんでしょうか?※PC言語を全くわかりません(-_-;)


→このあたりにスタートアップで使われがちな有力なプログラミング言語がのってたりするのでどうぞ。【スタートアップのための】失敗しない言語、フレームワーク選び

schoo_d2_q15

schoo_d2_q16

SONY DSC

先生の着ているTシャツはどこで買えますか?

https://github.myshopify.com/

githubのグッズは売り切れてる時も多いので、頻繁にチェックしてくださいね!
※夏目 高宏さん、フォローありがとうございます!