ポケモンGOとビジネス機会

このブログでは、あまり僕がやっているペライチの事業の話はしないのですが、今日はちょっとそれに絡む話で。

20160714194234

ポケモンGO専用スマホレンタルサービスの話

ポケモンGO、日本でまだ出てもいないのにブームになっていますね!

そんな折、最近ペライチで出来てるページの中でアクセスが多いなーと思っていたのがこちら

スクリーンショット 2016-07-21 9.23.16

『ポケモンGO』専用にiPhoneレンタルを。1日49円モバイルバッテリー付き

数日前から登場しているのですが、すごいいいタイミングだな!と思いました。

大事なのはすぐにビジネスを始められる事

ペライチで作成されているサイトを眺めていると、このサイト以外にも

「こんなビジネスあったのか!」とか

「この視点は面白い!」と思うサービスや

「これはまだちょっと早すぎるかもしれない」と思うような

プロダクトに出会うことも多いです。

ビジネスはタイミングが大事!とよく言いますが、本当にそうだと思っていて

先ほどのポケモンGO専用スマホレンタルも今朝めざましテレビで取り上げられていて、
7/20時点で400件以上の申し込みがあったと言っていました。

※コチラのサービスを提供している会社の方とは面識はないのですが、弊社サポートの方にサービスへの好評価を頂いているようでしてありがとうございました!
※ちなみにテレビ対応のためにペライチのサーバを増強しました(^^)

ペライチを通じて誰でもビジネスチャンスを掴むことが出来る、そんな事例を増やしていきたいですね!

リモートで働くスーパー主婦がいないとバックオフィスが回らない件

今オフィスにだいたい12人くらいいます

社員数は少ないのですが、業務委託・アルバイトなどを入れると延べ20名位のチームで、
その人達が日によって入れ替わりで来るので、だいたいオフィスには12名程度います。

このフェーズだと、基本的には攻める要員しか置かない

たとえば、弊社の場合一番重要なのがサービス開発なので、
リソース配分としては、エンジニア・デザイナーにリソースを厚く配分するわけです。
たとえば営業が必要な法人向けサービスであれば営業マンや電話でアポを取る人などを置きますよね。

事業として立ち上がっていくフェーズで、そうなると攻めの部分に重きを置いていくので、
たいていの場合、会社のバックオフィスなどはないがしろにされます。

オフィスを借りてから、焦った!

[Read more...]

「仕事中にヘッドホンをしても良いか?」はクリエイターを尊重する文化があるかどうかの踏み絵としてイケていると思っています

GWはいかがお過ごしでしょうか?橋田です。

ブログを1年ぶりに更新します。1年間で会社もいろんなことがありました。

  • ペライチのリリース
  • 資金調達
  • オフィス移転
  • 採用

個々の話はまた気が向いた時に書くとして、僕は今でこそ経営者として会社を2年位やっていますが、バックグラウンドがエンジニアでして前々から

どうしたらエンジニアを採用できますか?

という相談をとても多く頂きます。

特に既に営業の方が沢山いて、そういった文化の会社がサービス開発していくためにエンジニアを採用したい、と言うのは超大変です。
すでに文化がある会社にエンジニアを入れていこうとするのは、スタートアップの非エンジニア起業家が共同創業者とかCTO的なエンジニアを探すのとまた違った悩みだと思います。

弊社の例

[Read more...]

それぞれのライフステージで取れるリスクとチャレンジできること、またそのタイミングと準備

 

エンジニア必見!『エンジニアのキャリアを考える』勉強会 第六弾 #3

こんにちは、橋田です。先週書き起こした内容の続きです。今回は独立を考えた時に取れるリスクの話です。やってみた人は極論なんとかなる、という考え方が多かったですね。

長くて読む時間がない!という方は太字の部分だけ追ってみてください!それではどうぞ!

こちらのイベントです。登場人物をおさらいします。

10904603_492282037577742_5128021266755748360_o

 

# パネラー

菊本 久寿 (株式会社StartupTechnology 代表取締役社長)
SIerなどを経てngi group(現ユナイテッド) 技術部部長に就任し、アドテク関連サービス立ち上げを行う。その後フリーランスやスタートアップにジョインし、スタートアップの開発支援を行い、2014年10月株式会社StartupTechnologyを設立

小山田 浩 (フリーランス(エンジニア・Webエンジニア向けパーソナルコーチ))
フリーターを2年経験した後に派遣でIT系にシフト。外資系企業でWindows系インフラの業務やPMを6年経験。人材会社に転職して初の正社員。Web系な人を対象にキャリアコンサルタントを7年経験。過去の色々な経験を活かしたい気持ちから昨年からフリーランスになる。

齋藤 和也 (株式会社スマートアルゴリズム 代表取締役)
フリーランスとして2年ほど、Webサービスやスマートフォンアプリの開発を中心に活動。アジャイル開発・保守性の高い設計を得意とする。会社員時代は研究用ソフトウェアの開発に従事しており、ビッグデータやテキストマイニングといった分野にも明るい。2015年1月、株式会社スマートアルゴリズムを設立。

# モデレーター

橋田 一秀 (株式会社ホットスタートアップ 代表取締役)
新卒でNTTデータに入社後、ベンチャー企業の株式会社うるるへの転職を経て2014年4月起業。
現在はランディングページを簡単に作れるツール、ペライチを開発中。

エンジニア必見!『エンジニアのキャリアを考える』勉強会 第六弾 (7)

—- 3個目のテーマ「それぞれのライフステージで取れるリスクとチャレンジできること、またそのタイミングと準備」

橋田:これ、今ちょっとありましたけど、ライフステージの話ですけど、要は、独身でやりますっていうパターンと、菊本さんとかみたいに、お子さんもいて住宅ローンもあって太陽光発電の設備とか買っちゃってるしどうしようみたいな人もいますと。それぞれ取れるリスク違うと思うんですよね。なので、どういうリスク、どこまで取れて、何がチャレンジできて、そのタイミング準備、エイヤの人もいますけど、何ができるのかなというところは、結構気になってると思いますので、聞いていきたいと思います。流れで齋藤さんから。独身だから、とりあえず独身の方。やっぱり半分ぐらいですね。どうでしょう。何を気をつけたらいいですか。

齋藤:そうだな。独立してから特に思うことなんですけど、リスクなんかないです。あの、特にエンジニアの場合はそうなんですけど。いわゆる売り手市場

[Read more...]

フリーランスの方が自らの活動の中で、面白い仕事/会社に出会うためにしている工夫

 

エンジニア必見!『エンジニアのキャリアを考える』勉強会 第六弾 #2

こんにちは、橋田です。先週書き起こした内容の続きです。今回は面白い仕事に出会うための工夫の話です。お楽しみください!

こちらのイベントです。登場人物をおさらいします。

10965059_763181240403418_1856050945_o

# パネラー

菊本 久寿 (株式会社StartupTechnology 代表取締役社長)
SIerなどを経てngi group(現ユナイテッド) 技術部部長に就任し、アドテク関連サービス立ち上げを行う。その後フリーランスやスタートアップにジョインし、スタートアップの開発支援を行い、2014年10月株式会社StartupTechnologyを設立

小山田 浩 (フリーランス(エンジニア・Webエンジニア向けパーソナルコーチ))
フリーターを2年経験した後に派遣でIT系にシフト。外資系企業でWindows系インフラの業務やPMを6年経験。人材会社に転職して初の正社員。Web系な人を対象にキャリアコンサルタントを7年経験。過去の色々な経験を活かしたい気持ちから昨年からフリーランスになる。

齋藤 和也 (株式会社スマートアルゴリズム 代表取締役)
フリーランスとして2年ほど、Webサービスやスマートフォンアプリの開発を中心に活動。アジャイル開発・保守性の高い設計を得意とする。会社員時代は研究用ソフトウェアの開発に従事しており、ビッグデータやテキストマイニングといった分野にも明るい。2015年1月、株式会社スマートアルゴリズムを設立。

# モデレーター

橋田 一秀 (株式会社ホットスタートアップ 代表取締役)
新卒でNTTデータに入社後、ベンチャー企業の株式会社うるるへの転職を経て2014年4月起業。
現在はランディングページを簡単に作れるツール、ペライチを開発中。

 

—- 2個目のテーマ「自らの活動の中で、面白い仕事/会社に出会うためにしている工夫。」

 エンジニア必見!『エンジニアのキャリアを考える』勉強会 第六弾 (6)

橋田:順番にいきましょうかね。次、これですね。自らの活動の中で、面白い仕事・会社に出会うためにしている工夫。準備とか会社員時代にクラウドワークスの吉田さんに会ってましたみたいな話とかも出たんで、そこら辺から菊本さん、聞かせていただけないでしょうか。どういう準備を。多分、準備をしてたから起業したわけではないと思うんです。会社飛び出したわけじゃないと思うんですけど。

菊本:そうですね、もう1つきっかけとして、1個あったのが、丁度そのとき、Mashup Awardがやってたんですね。で、そこのエイト(8回目)で、僕が丁度そこで「シャチクのミカタ」っていうですね、フェイスブックの上司に自動でいいねするっていうサービスを作っていたんですね。でそれが結構上のエントリーに結構いって、そういうのであったりとか。 [Read more...]