インターンと過ごした3ヶ月

はるばるポーランドから弊社にインターンに来ていた学生インターンの杉浦君が、ポーランドに帰るため今日で最終出社となりました。

インターンとして、

  • 類似サービスのリサーチ
  • グロースハックプランの立案
  • イベントのお手伝い

など活躍してくれました!

出会いはWantedly

wantedly_intern_sc

3ヶ月前。Wantedlyにインターン募集を出して1週間くらいした頃でしょうか。

インターンの応募なかなか来ないな、、、と思っていたらところに応募が。
「ポーランドからスゲーやつが来た!」と思って会ってみました。

会った時の印象は「何したいのかよくわからないなぁ」という印象だったのですが、
丁度その日の夜にイベントがあったので、いきなりその日から同行してもらってのイベントお手伝いから始まりました。

そういうグイグイくるノリの人、大好きです。

0からのスタート

Webのスタートアップにインターンに来た彼ですが、
最初は何もわからない状態でした。

正直、よくこれでWebサービスを作ってる会社にインターンに来たなぁ。大丈夫かなぁ。

と思うこともありましたが、その不安は払拭されていきます。
わからないながらもがむしゃらにやる、というのが取り柄でした。

取り組む姿勢

自分から積極的に関わろうとしてくる


これが全てなのですが、何事も主体的です。
インターンに限らないですが、少人数のベンチャーではこれがないと始まらないです。
自分から仕事を貰いに来たり、とにかく前に進めようとする姿勢を出してきます。

リアクションが早い


たとえ今できなかったり、後でやるとしても
「わかりました!」「見ておきます!」「了解!」
と、リアクションをまずする。

これがあると、とくに対面で話をしていないときには相手にとって安心感を与えますし、
そのスピードが早いという事は、必然的に実行するスピード感も早くなってきます。
彼は大体週1くらいしか来ないので、リモートで指示を出すことも多かったです。

彼の成長にコミットする

弊社のインターンは現在無給なので、それでも来てくれる人には

お金ではない何か

を提供しなければと思っていました。
彼にとってそれは何なのか、最初は手探りでしたが付き合ううちに見えてくるものもありました。

僕自身もよく相談に乗ったと思いますし、時間が経つにつれて彼にあったテーマを仕事として振れるようになってきたと思っています。

3ヶ月で彼が経験し、吸収したこと。

僕が思うに彼は以下のことを吸収したんじゃないかなぁと思います。

  • Webサービスのこと – 主に他のサービスのリサーチや、そこからわかったことをまとめてもらっていました。
  • ビジネスのこと – 彼の起業アイデアについても周りの人に相談して、結構具体的になってきました。
  • 技術のこと – 彼はコワーキングで出会った人からPHPの本を貰ったので自分でプログラミングを勉強しています。
  • スタートアップのこと – Co-Edo有言Laboのお手伝いや、movidaのデモデーのスタッフをしたり、某スタートアップ社長とのランチに同行したりとか。

これは僕だけでなく、むしろ僕の回りにいる人たちのお陰だと思っていて、
関わる全ての人が彼を成長させたのだと思います。ありがとうございます!

今後も応援していきます!

一番左のワイルドな彼が杉浦くん。格闘技をやってたので、ホットスタートアップの武闘派です。

インターン打ち上げでの写真。一番左のワイルドな彼が杉浦くん。格闘技をやってたので、ホットスタートアップの武闘派です。

5月の創業パーティ、Co-Edo有言Laboのお手伝い、movida demodayへのスタッフとして参加、ブログ書き、Strikinglyを始めとしたペライチ系サービスのリサーチ、などなど。。本当にあっという間でした!

今後は大学に行きつつ、EU圏での起業を目指すとのことなので、全力で応援したいと思います。
リモートでペライチもまだ諸々手伝ってもらうので、今後ともよろしく!という事で。

インターンはまだまだ募集中ですよー。

GW11日間連続ペライチハッカソンを終えて

ウチのチームは会社員やフリーランスをしながらお手伝いしてくれる方が沢山いるのが特徴的で、トータルで12名のメンバが来てくれました。

DSC_4314

また、GW期間中は来ていなくても、リモートで仕様設計の相談や、技術調査してくれたメンバもいます!

チーム開発

それぞれにタスクを持って頂き、それをGitHubのissuesで管理しながら使って開発しました。

peraichi_issues

GitHubはみんなOK

Git使える人!という事で募集したので、みんな問題無いようでした。

大体Vagrantでハマる

vagrant

Vagrantという仮想環境構築ツールがあり、
下記のようなメリットがあるので、今回のように複数人で開発を進める場合には最適です。

  • 開発環境のセットアップの手間を省略できる
  • 個人PCの環境に依存しない

Vagrantについては以下が詳しいです。
さくらのナレッジ – 仮想環境構築ツール「Vagrant」で開発環境を仮想マシン上に自動作成する

ハマるポイントは皆それぞれでしたが、

  • 途中で走るはずのシェルスクリプトのコードが実行されない
  • VirtualBoxとVagrantのバージョン違いによるトラブル

などが多かったと思います。一応全員解決しました…よね?

良かったこと

チームでの解決がすごかった

vagrant_trouble_fb_post

誰かがハマっていることをFacebookにポストすると、Vagrant環境を作ったメンバや同じ所でハマったメンバ、他の詳しいメンバが速攻フォローに入っていて、チームとしての体を成していたのがとても良かったです。
みんなとても頼りになっています!

エンジニア同志の交流が出来た

作業だけでなく、ランチしたり、飲んだりしたときに沢山会話が生まれたので、いいエンジニアコミュニティが生まれたんじゃないかなぁと思います。

DSC_4294
CakePHPのプラグインの作りかたを教えてもらうの図

将来の会社運営のイメージがついた

DSC_4320_1
エンジニアが増えすぎたので僕は手前のビジネス島に追いやられました!

最終日まで来ると開発メンバがかなり多くなって、僕は開発から離れてビジネス系のメンバと作業をしていました。
将来的に社員が増えて行ったらこういうふうになっていくのかなというイメージができました。
※他のボトルネックになってたことが進んだんで、今は僕もコードを書いていますよ。

進捗

edit-p6
開発中の画面イメージ

フロント側のデザインがまだできていなかったのですが、
画面遷移や、各種のデータ取得はある程度めどがついてきました。まだ進行中のモノもあるので、それが終わればある程度形が見えてくると思います。

今後

5月中にクローズドβリリース、7月にオープン目指して開発しています。
今後も引き続き毎週日曜日にやっていますので、もしこれ見て興味持った方はGWは過ぎてしまいましたが、コチラまで。