【前編】起業家志望で仲間が出来ない人

最近社内外の起業家志望の特に若手の子から

  • 仲間が集まらない
  • 人を信用できない

という相談をされたので書いてみます。

僕自身は実はあんまり課題に感じたことがないです

僕自身はすぐ人を信用してしまうような人なので、人生においてこのテーマはあんまり課題に感じたことがないのですが、
世の中の大多数はそうでないのではないかと気づいたため筆を取りました。

振り返ってみると、過去出会った起業したい!って言っていた人で
(なんか最近この人見ないなー)って人は、ほぼ仲間が集まらないからフェードアウトしていくのが多いと思います。

ちなみに起業は1人でやると辛い時メンタルがほんとにやられると思います。
とにかく仲間集め頑張ってください。実際に1人で起業されたCaster中川さんのブログ記事がとても参考になります!

仲間って?

一緒に物事をする間柄。また、その人。「趣味を同じにする仲間に加わる」「飲み仲間」
https://kotobank.jp/word/%E4%BB%B2%E9%96%93-588081

信用って?

心を合わせて何かをいっしょにするという間柄をかなりの期間にわたって保っている人。そういう間柄。
https://kotobank.jp/word/%E4%BF%A1%E7%94%A8-539182

つまり仲間と信用を築けるかどうかというのは、 一緒に同じ目的を目指して、それを長い間するに値するかどうか ということになります。

なぜ信用出来ないか?

人によって違うっぽいんですが最近良く聞く3パターンはこんな感じ

  • 自分のポジションが取って代わられてしまうんではないか?(トップであり続けたい欲)
  • とにかく自分でやらないと気がすまなくて、人に任せられない。(完璧を求める)
  • 人と何かをうまくやり続けられるかどうか不安(心配性)

※そういう人たちに対しての対策は、下書きを書いていて長くなりそうな気がしたんで来週公開予定の後編に続きます!
結構具体的にお話を聞いた起業家の事例などを交えてお話ししますね。

会社の文化は若手が作る

インターン、採用しています

header-intern3

弊社では現在5名の学生アルバイト・インターンが働いています。
過去在籍した人数もカウントすると10名程度になります。
このフェーズのスタートアップでは珍しいかもしれません。

スタートアップがどのタイミングでインターンを採用するかも他の問題と同じく正解が無くて、何を信じて経営しているか?ということが大事になってくると思います。

会社の文化は若手が作る

僕は企業の文化は若手が作るものだと信じています。

Fringe81の田中さんが社員が企業文化を作る話をブログで書かれていたり

しかしながら、会社のビジョンや戦略は経営者が創れますが、文化は経営者のみでは創れないです。カッコイイ、カッコ悪い、という個人的な好みを、言い続け、「あたかもそれが行動指針として当たり前」というところまで行くためには、経営者だけじゃダメですよねそりゃ。集団で経済活動をしているわけですから、何度も言う、自ら実践する、といったことが必要ですよね。

あとはエウレカ赤坂さんの話。これ超好きです。

そこで始めたのが、インターン採用です。インターンにイチから仕事を教え込むことは苦労しましたし、スタートアップとして遠回りもしましたが、結果的にしっかりワークしました。実績がないエウレカにとって、キャリアが真っ白なインターンとの方が相性がよかったんです。

今では中途採用をスタートさせつつ、インターン採用も続けています。創業期にインターンで入社して、今でもうちに残ってくれている社員はみんな、会社に対して相当な愛着を持ってくれています。インターンだった子が今では取締役をやっていたり、トップエンジニアをやっていたりします。

クラウドワークス吉田さんもどっかで言われていたのを覚えていて、(実際にインターン採用めっちゃやってますよね!)
そういうのを僕が信じているということです。

 崖っぷち採用

screenshot-static.pexels.com 2016-09-23 09-25-29

どんな人を採用しているか

これはインターンに限らずですが、本気の人を採用したい

どういう人が本気か?

本気って言葉で説明するのも大事ですが、本気度が行動に現れている人がより本気だなって思います。

弊社に来ているインターン事例をいくつか抜粋すると例えば

  • 名古屋の大学を卒業したけどやりたいことがわからず、まわりと同じく就職することに疑問を持ち1年半人と出会い続けた結果エンジニアになる道を見つけた人
  • 大学4年で卒業間近で、その時弊社はインターンを採っていなかったが、彼女の熱意に負けて弊社でインターンとして採用して活躍した人※4ヶ月インターンし、その後結果内定した会社を辞めて弊社に就職しました
  • 大学4年で内定を蹴って、やっぱりものづくりがしたくてエンジニアリングを学びに来ている大学生
  • 名古屋の大学を休学し、インドでエンジニアリングを半年学んで、その後東京でインターン先を探していた大学生
  • 部活もやってないし、普通にアルバイトするくらいならベンチャーでインターンしたいという高校生

コミットする時間が長いとか、他にやる事がないとか、オフィスに来てない時でも技術を高め続けられるかなどが判断する基準になるでしょうか。まとめると色々崖っぷちな人が良いと思います。

社内の体制

growth (1)
弊社には「成長に寄与する」っていう価値観があるのですが、創業メンバーを始めとした社員全員が担当するインターン、アルバイトを受け持ち、それぞれの成長にコミットする姿勢を出してくれていて、そのおかげで僕がどんどんインターン候補と出会ってもそれを受け入れてくれる受け皿があるといえます。

最近、エンジニアのインターンを2人同時に取るかどうか迷ったときに、創業者の2人がこう言ってくれたのが本当に心強かった。

熱意あれば余裕は作る

熱意あれば余裕は作る

ということで、人の成長って時間がかかるものなので、すぐに結果をもとめず長い目で文化を作けるよう着実にやっていきましょう!

起業を志す人にオススメする馬田さんスライド5選

馬田さんって誰?

元Microsoft venturesで現在は東京大学でベンチャー企業創出に関わっている方です。元起業家とかではないです。理論派です。

とにかくスライドがすごい

良くFacebookやTwitterなどでバズっているのですが、とにかく彼の作るスライドがわかりやすいです!
家と職場の往復でやっと読めるくらいのボリューム感(100ページくらい)があります。本を読んでいる感覚ですね。
僕も良くFacebookなどでシェアさせてもらってます。だって毎回ほんとにいい内容なので。

馬田さんが取り上げられてるインタビューなどいくつか紹介します。

スタートアップの成功プロセスを学ぶ〜馬田さん〜

サポートが大事、の話ですね。

【インタビュー】スタートアップにとって必要なのは「大志を抱きつづけること」

これは良インタビュー。1つのスライドごとに2、30冊の本や論文を読み込んだりしているそう。

 

これから起業します、という人にオススメのスライド5選

ということで、今回はこれから起業する人向けにいつもオススメしている馬田さんスライドをご紹介します。
スタートアップする人はとりあえずこの辺から読みましょう。

読んで欲しい順に並べたほうがいいと思ったので、上から見てみてください。

スタートアップ共同創業者の見つけ方、付き合い方、別れ方

やはり圧倒的にこのスライドですね。
ここに出てくる話はほんと良くしていまして、始めるときに1人だととにかくメンタルが辛いっす。

 

-10-638

創業者が1人、というのは不信任投票だ!とはよく言ったもので、
あなたのアイデア か あなたという人そのもの が誰にも支持されていないから1人なんだ、という話は1人で創業しようとしている人全員に言っていますね。

ちなみにチームメンバーを見つけられてなくて、うまく行ってる人って正直あんまりいなくて、僕の狭い観測範囲ですが、なんかフェードアウトしていきます。。

 

-19-638
とはいえ、即席のチームは失敗するのでしっかり探そうというデータです。

 

エンジェル投資家って何者?

エンジェル投資家とか、Exitしてお金持ちになる話とかが(馬田さんのスライドにしては)短くまとめられています!

 

-8-638
エンジェルは大体、事業を立ち上げて成功させた人達です。日本にもまぁまぁいます。

 

-33-638
エンジェルは特に、お金(いくら投資してくれるか)だけで判断してはいけないです。
実際に僕も事業をやっていて、エンジェルのアドバイスが結構効いています。
とは言え、相性などよく見極めて何でも相談できる人を選ぶのが良いと思います!

 

-34-638 (1)
そもそも、本当に投資が必要かよく考えてください!
起業したい人から相談されて、「それ、投資受ける必要あります?」って返すことも良くあります。

資本政策の話は「起業のファイナンス」を読んでください!
これは起業を志す人全員におすすめしています。
特にエクイティ(=株式)で調達を考えている人は必読です。

 

ここからはダイジェストで !

投資家向けピッチ練習は30秒か2分かデモで お願いします スタートアップのシード段階におけるピッチの構成の方法

投資家向けのプレゼンのことをピッチと言います。
ここで言う30秒のやつは、いわゆるエレベータピッチ(エレベータに乗ってる約30秒の間にアイデアを話す)というのですが、その目的はミートアップなどで出会った投資家とかエンジェルの方に「あ、そのアイデア良さそう。ちょっと今度詳しく聞かせてください」といってもらうためにやったりします。

302-8-638
なので、自分のやろうとしていることを一言で言える必要があるのです。

 

資金調達入門“以前” スタートアップが資金調達の前に考えること

-26-638
資金調達したいんですけど!って相談してくるけど、アイデアがフワッとしてるうちに調達するのは良くないと思うので、
ラーメン代稼ぎ出来る状況を作っておくのは大事です。全てはタイミング!

-31-638
投資は結婚と同じ、というのは本当です。お金以外のバリューってほんと大事です。

 

あなたのスタートアップのアイデアの育てかた

-6-638
スモールビジネスとの違いを明確に。起業したてだからスタートアップってわけではないと思います。

-47-638
スタートアップのアイデアは考えてもしょうがなくて、ある環境にいて負だと思っていることをいかに発見するかが大事。

 

最後に馬田さんのブログのリンクを貼っておきますね。マストフォローで!

https://medium.com/@tumada

※おまけ

このことをブログに書こうと思って、会社のメンバーに言ったら共同創業者の香月がこんなマインドマップを作っていた!すごい!

screenshot-www.mindmeister.com 2016-09-11 18-59-37
https://www.mindmeister.com/596049094/umada

馬田さんスライドは名作が多いので、勉強会をしたいくらいです!

ベンチャーの日帰り合宿で行ってよかった施設ベスト3

合宿よく行くんですよ!

開発合宿や経営合宿など、会社で結構頻繁に合宿に行きます。
毎回スペースマーケットさんにはお世話になっています。
今回は過去20件以上の場所に行った中でも、日帰りで行って良かった場所Top3を紹介します!
※ちなみにどこが一番とかではないです、一長一短ありますので。

良かった所ベスト3

まるも

DSC_1934 (1)
トータル ☆☆☆☆
距離 ☆☆☆
金額 ☆☆☆☆
快適さ ☆☆☆☆☆

場所:千葉県富津市金谷(浜金谷駅)
金額:15000円〜/日
人数:最大20名程度

開発合宿プランなんてのもあります!

東京から2時間かかるので、多少遠いけど雰囲気・設備ともに◎です。

[Read more...]

起業目指してる人は海外ドラマシリコンバレーを見たほうがいいよ!

ドラマ「シリコンバレー」の日本語字幕版がHuluで見られる!

74794010a280fa4f3775e7e5120a9006-1

シリコンバレーという、タイトルまんまなんですけど、シリコンバレーでスタートアップする若者のドラマがあります。
以前からあるのは知ってて前から気になってたんですけど、
マックス木下の投稿で日本語字幕版がHuluで公開されてるので見てみました。シーズン1は 30分×全8話です!

と思って投稿を見返したらマックス木下もまだ見てない模様w

やばい、自分が見てないのに僕に見させるマックス木下の影響力やばい。大物ですね。

スタートアップあるあるの宝庫

ストーリーについては他のブログとかで解説されてるので、ここでは余り触れませんが、
ものすごいざっくり言うと、

シリコンバレーの有名企業に務めるエンジニアが、
趣味で作った音楽共有サービス(Pied Piper)の圧縮技術が超すごくて、
それで起業することになるってお話です。

さて、ネタバレにならない程度にあるあるなエピソードを

タイトルがスタートアップ感満載

MVP
資本政策表
定款
概念検証

など、スタートアップするのに必要なエッセンスが各話に散りばめられています。

内製しきれず外注して大変なことになる話

切羽詰まって外注するといいこと無いって話。これはスタートアップあるあるというよりかはWeb制作あるあるかもしれませんね。

色々なアプリのオマージュ

があるらしいですが、元ネタが全然わからなかった。。誰か解説してください!

おまけ

Pied Piperという社名はPayPalへのオマージュ?

主人公が開発したPied Piperに最初に投資する投資家の名前がピーターなんですが、
ピーターといえばPaypal創業者のピーター・ティール。そういえばPied Piper社のイニシャルもP.Pですね。
これって偶然、、じゃないですよね?
ググってもよくわからなかったのですが、誰か知ってたら教えてください。

CrunchBaseのよく見られてる企業に載ってるよ

CrunchBaseという、スタートアップ企業のデータベースサイトがあるんですが、そこにPied Piper社が載っています。
しかもよく見られている企業になっちゃってます。実在しないのに。
screenshot-www.crunchbase.com 2016-06-15 18-15-50
非実在の会社が載っちゃってるのがユーモアがあっていいですね。

続きはHuluで

Huluではシーズン2を毎週更新中。
アメリカではシーズン3が終了して、シーズン4の制作も決まっているとか!
Huluは二週間無料なので、とりあえず見てみましょう!

※僕も2週間の無料期間の間にシーズン1見切りました!
30分で1話なので、会社に行くまででだいたい1話見れるのでちょうどよかったです。

※僕のスマホはMVNOで月々の通信容量制限があるので、通信料を気にしてたんですが30分100MBくらいでした。
画質は悪くなかったので、Huluのアプリが優秀なのかな?