それぞれのライフステージで取れるリスクとチャレンジできること、またそのタイミングと準備

 

エンジニア必見!『エンジニアのキャリアを考える』勉強会 第六弾 #3

こんにちは、橋田です。先週書き起こした内容の続きです。今回は独立を考えた時に取れるリスクの話です。やってみた人は極論なんとかなる、という考え方が多かったですね。

長くて読む時間がない!という方は太字の部分だけ追ってみてください!それではどうぞ!

こちらのイベントです。登場人物をおさらいします。

10904603_492282037577742_5128021266755748360_o

 

# パネラー

菊本 久寿 (株式会社StartupTechnology 代表取締役社長)
SIerなどを経てngi group(現ユナイテッド) 技術部部長に就任し、アドテク関連サービス立ち上げを行う。その後フリーランスやスタートアップにジョインし、スタートアップの開発支援を行い、2014年10月株式会社StartupTechnologyを設立

小山田 浩 (フリーランス(エンジニア・Webエンジニア向けパーソナルコーチ))
フリーターを2年経験した後に派遣でIT系にシフト。外資系企業でWindows系インフラの業務やPMを6年経験。人材会社に転職して初の正社員。Web系な人を対象にキャリアコンサルタントを7年経験。過去の色々な経験を活かしたい気持ちから昨年からフリーランスになる。

齋藤 和也 (株式会社スマートアルゴリズム 代表取締役)
フリーランスとして2年ほど、Webサービスやスマートフォンアプリの開発を中心に活動。アジャイル開発・保守性の高い設計を得意とする。会社員時代は研究用ソフトウェアの開発に従事しており、ビッグデータやテキストマイニングといった分野にも明るい。2015年1月、株式会社スマートアルゴリズムを設立。

# モデレーター

橋田 一秀 (株式会社ホットスタートアップ 代表取締役)
新卒でNTTデータに入社後、ベンチャー企業の株式会社うるるへの転職を経て2014年4月起業。
現在はランディングページを簡単に作れるツール、ペライチを開発中。

エンジニア必見!『エンジニアのキャリアを考える』勉強会 第六弾 (7)

—- 3個目のテーマ「それぞれのライフステージで取れるリスクとチャレンジできること、またそのタイミングと準備」

橋田:これ、今ちょっとありましたけど、ライフステージの話ですけど、要は、独身でやりますっていうパターンと、菊本さんとかみたいに、お子さんもいて住宅ローンもあって太陽光発電の設備とか買っちゃってるしどうしようみたいな人もいますと。それぞれ取れるリスク違うと思うんですよね。なので、どういうリスク、どこまで取れて、何がチャレンジできて、そのタイミング準備、エイヤの人もいますけど、何ができるのかなというところは、結構気になってると思いますので、聞いていきたいと思います。流れで齋藤さんから。独身だから、とりあえず独身の方。やっぱり半分ぐらいですね。どうでしょう。何を気をつけたらいいですか。

齋藤:そうだな。独立してから特に思うことなんですけど、リスクなんかないです。あの、特にエンジニアの場合はそうなんですけど。いわゆる売り手市場

[Read more...]

フリーランスの方が自らの活動の中で、面白い仕事/会社に出会うためにしている工夫

 

エンジニア必見!『エンジニアのキャリアを考える』勉強会 第六弾 #2

こんにちは、橋田です。先週書き起こした内容の続きです。今回は面白い仕事に出会うための工夫の話です。お楽しみください!

こちらのイベントです。登場人物をおさらいします。

10965059_763181240403418_1856050945_o

# パネラー

菊本 久寿 (株式会社StartupTechnology 代表取締役社長)
SIerなどを経てngi group(現ユナイテッド) 技術部部長に就任し、アドテク関連サービス立ち上げを行う。その後フリーランスやスタートアップにジョインし、スタートアップの開発支援を行い、2014年10月株式会社StartupTechnologyを設立

小山田 浩 (フリーランス(エンジニア・Webエンジニア向けパーソナルコーチ))
フリーターを2年経験した後に派遣でIT系にシフト。外資系企業でWindows系インフラの業務やPMを6年経験。人材会社に転職して初の正社員。Web系な人を対象にキャリアコンサルタントを7年経験。過去の色々な経験を活かしたい気持ちから昨年からフリーランスになる。

齋藤 和也 (株式会社スマートアルゴリズム 代表取締役)
フリーランスとして2年ほど、Webサービスやスマートフォンアプリの開発を中心に活動。アジャイル開発・保守性の高い設計を得意とする。会社員時代は研究用ソフトウェアの開発に従事しており、ビッグデータやテキストマイニングといった分野にも明るい。2015年1月、株式会社スマートアルゴリズムを設立。

# モデレーター

橋田 一秀 (株式会社ホットスタートアップ 代表取締役)
新卒でNTTデータに入社後、ベンチャー企業の株式会社うるるへの転職を経て2014年4月起業。
現在はランディングページを簡単に作れるツール、ペライチを開発中。

 

—- 2個目のテーマ「自らの活動の中で、面白い仕事/会社に出会うためにしている工夫。」

 エンジニア必見!『エンジニアのキャリアを考える』勉強会 第六弾 (6)

橋田:順番にいきましょうかね。次、これですね。自らの活動の中で、面白い仕事・会社に出会うためにしている工夫。準備とか会社員時代にクラウドワークスの吉田さんに会ってましたみたいな話とかも出たんで、そこら辺から菊本さん、聞かせていただけないでしょうか。どういう準備を。多分、準備をしてたから起業したわけではないと思うんです。会社飛び出したわけじゃないと思うんですけど。

菊本:そうですね、もう1つきっかけとして、1個あったのが、丁度そのとき、Mashup Awardがやってたんですね。で、そこのエイト(8回目)で、僕が丁度そこで「シャチクのミカタ」っていうですね、フェイスブックの上司に自動でいいねするっていうサービスを作っていたんですね。でそれが結構上のエントリーに結構いって、そういうのであったりとか。 [Read more...]

フリーランスを始める時に不安なポイントとその解消法

エンジニア必見!『エンジニアのキャリアを考える』勉強会 第六弾 #1

こんにちは、橋田です。先週のイベントがとても良かったので、書き起こしてみました。長いので何回かに分けて載せますね。じっくりご覧ください!

こちらのイベントです。登場人物は

# パネラー

菊本 久寿 (株式会社StartupTechnology 代表取締役社長)
SIerなどを経てngi group(現ユナイテッド) 技術部部長に就任し、アドテク関連サービス立ち上げを行う。その後フリーランスやスタートアップにジョインし、スタートアップの開発支援を行い、2014年10月株式会社StartupTechnologyを設立

小山田 浩 (フリーランス(エンジニア・Webエンジニア向けパーソナルコーチ))
フリーターを2年経験した後に派遣でIT系にシフト。外資系企業でWindows系インフラの業務やPMを6年経験。人材会社に転職して初の正社員。Web系な人を対象にキャリアコンサルタントを7年経験。過去の色々な経験を活かしたい気持ちから昨年からフリーランスになる。

齋藤 和也 (株式会社スマートアルゴリズム 代表取締役)
フリーランスとして2年ほど、Webサービスやスマートフォンアプリの開発を中心に活動。アジャイル開発・保守性の高い設計を得意とする。会社員時代は研究用ソフトウェアの開発に従事しており、ビッグデータやテキストマイニングといった分野にも明るい。2015年1月、株式会社スマートアルゴリズムを設立。

# モデレーター

橋田 一秀 (株式会社ホットスタートアップ 代表取締役)
新卒でNTTデータに入社後、ベンチャー企業の株式会社うるるへの転職を経て2014年4月起業。
現在はランディングページを簡単に作れるツール、ペライチを開発中。

# 会場のコワーキングスペース茅場町Co-Edoのオーナー

田中 弘治

# フードスポンサー

田村 健太郎 (株式会社モバキッズ代表取締役社長)
有料会員制のオンラインサロン・プラットフォーム、Synapseを運営

 

—–フードスポンサーのSynapseたむけんさんからサービス説明とエンジニア募集について。

DSC_5254

田村:12年4月ぐらいからやって、なかなか伸びなかったんですけど、結構伸びてきたので、ちょっとメンバーを増やしたいなと思っているところです。今、サロンの数は50個くらいあって、1800万ぐらい流通額、これ、月次であるんですけど、メンバーが4人いまして、僕だけ開発で、残り3人が営業のメンバーという感じでやっています。なので、日々、営業メンバー3人がこれを変えて、これ変えてくれというのを僕に投げるんですけども、僕が手一杯で死んでるみたいな感じでやってまして。是非誰か助けてくれないかなと思ってるところでございます。 [Read more...]

「IT界隈のイベントスタッフという経験はいいよ!」という話

この投稿は「管理画面 Advent Calendar 2014」の4日目の記事です。

管理画面チラ見せ♡ナイトのスタッフを2回連続でやっています。橋田です。

Advent Calendar経由で初見の方もいると思いますので、軽く自己紹介します。
普段は今後ローンチ予定の「ペライチ」というWebサービスを作っています。

普段は茅場町のコワーキングスペースCo-Edoというところにオフィスを構えてます。
そこでは有志でよくエンジニア向けのイベント・勉強会が行われていて、僕もたまに企画します。

今回は管理画面Advent Calendarの執筆を頼まれたのですが、
悲しいかな弊社のサービスはまだ世に出ておらず管理画面がないものですから、
ちょっと角度を変えて、イベントスタッフとして関わらせて頂いた経験から、
「IT界隈イベントスタッフという経験はいいよ!」というお話をしたいと思います。

管理画面を見たい思ったサービス

そもそも、管理画面チラ見せ♡ナイトは西小倉さんにスタッフ参加依頼されまして、
僕も沢山のエンジニアに出会えるということと、イベントの主催を結構やっていたのでノウハウがあるということで即答で承けました。

どこの会社の管理画面がみたいですか?って言われた時に、僕が推したのは以下の2社でした。

Wantedly:法人登録して使っていく中で、適切なタイミングで電話がかかってきたりと裏側のKPI絡みの数値管理・アラートを上げる仕組みがしっかりしてるのではないかと思っていました。

Cyta.jp:有安さんが昔イベントに登壇した時にチラ見せてしていた管理画面がすごそうだったからと、以前オフィスに遊びに行った時コールセンターがすごいなーと思っていたので、Webサービスとコールセンターなどの連携がどうなっているのか知りたかったからです。

この2社はすぐに登壇が決定しました。

イベントの裏側がわかる

イベント運営とサービス運営は似ていて、 [Read more...]

エンジニア系のイベント運用のコツ

 

最近、エンジニアを採用したいからイベントをやりたい!という相談が多いので、ちょっとまとめてみます。

 DSC_4551_2

なぜイベントをやるのか?

エンジニアの採用は大変です。転職サイトを使うとコストもかかります。
また特にスタートアップの会社ではマインド重視採用で、お互いを十分に理解してから入社してもらうというところも多いのではないでしょうか?

Wantedlyなどそうだと思うのですが、取りあえず会社に遊びに行って(=接点を持って)じっくりお互いを理解して、
転職したい!というタイミングが来たらする、という流れを作っていますね。

まらダイレクトリクルーティングといえばビズリーチですが、
彼ら自身も肉リーチというサイトを作って学生のダイレクトリクルーティングに力を入れています。

そういう意味で、イベントは会社とエンジニアの重要な接点になっていると思います。

エンジニアはなぜ勉強会に来るか

参加者から運営する側に変わっていった僕の経験的には以下です。 [Read more...]