経営者が軍師官兵衛を見たほうが良い3つの理由

こんにちは。橋田です。

僕は年始から18年ぶりに大河ドラマを全部見ていて、毎週日曜夜がとても楽しみなほどハマっています。
信長、秀吉、家康に仕えた軍師、黒田官兵衛のお話です。

戦国時代の武将と経営者は同じだと思う部分がかなりあるので、
その理由を3つに分けて書きたいと思います。

命を掛けた決断の連続

全ては生き残るため。」と父親役の柴田恭兵がいつも言うのですが、これは小さい戦国武将の黒田家の判断基準を凝縮したセリフだと思います。
経営者は決断する仕事だと思うのですが、特に戦国時代の場合、一つミスると即、死につながるので現代に生きる僕らとは比べ物にならないくらいプレッシャーがあります。
決断が結果的に間違いであり、死んでいく武将もいるのですが非常にケーススタディに富んでいます。

ドラマの中で出てきた失敗するケースとして挙げられるのは

  • 守りに徹してしまい、攻めに転じられない。
  • 過去の実績にこだわり過ぎる。新しいものを受け入れない体質。
  • 世の中の動きに鈍感。
  • 自分の中の小さなプライドを捨てられない。
  • チームをまとめ切れない。
  • 敵対勢力の揺さぶりに屈する。

色々挙げましたが根本的な原因としては、時代の急激な変化に対応できないからなんですね。

尊敬するnanapi CTOの和田さんもいつも言っていますが、変化できないものは置いて行かれます。
変化に対応できる能力がとても大事に思います。

お金ではなく知恵で解決

官兵衛は最初兵力がとても少ないので、敵の大群に対して策を用いて少人数で撃退したり、相手の武将を調略し戦わずして勝つようなまさにグロースハックを地でいくような発想を実行します。

様々な武将タイプ

戦国時代、さまざまな武将が活躍します。
自らのロールモデルを探すのに良いかもしれません。
官兵衛のような策士や、信長のような圧倒的カリスマ、柴田勝家のような猪突猛進型などなど。
僕は仲間とワイワイやるタイプなので。秀吉タイプかもしれません。

 

 

やはりストーリーは良いですね。心を動かされます。

最後に見てない人のために、NHKオンデマンドのリンクを貼っておきますね。
見放題パックは972円/月で見放題のようです。

NAVERまとめも概要を把握するのに良いですね。

熱意+仕組み化 = 達成

何事もそうだと思うのですが、物事を達成するために必要なのは熱意と仕組み化だと思います。 そもそもの熱意は大事。超大事。でも熱意だけでは続かないので、続くように仕組み化することが大事です。

これは社会人になって、というかエンジニアになって学んだことかもしれません。 今年から毎週1回、何人か集まってただ自分のブログを書く朝会をやっているのでそれを例にお話しします。

熱意 – ブログ書こうぜ!と言ってみた

10273625_635825763175834_8502333350150123138_n

昨年末くらいから「来年こそはブログを継続させたい」と言い続けてました。 そこで、日付と場所を決めてやり始めたら最初から5,6人集まりました。

僕はいつも1月とか4月のキリのいいタイミングでブログを始めてみて、 大体3〜7回程度で更新が止まるという事を繰り返してきました。 同じような悩みを持った仲間も多かったようです。

仕組み化 – 毎週続けてみた

C789_mbawosawarute500

これが毎週やってみると、これが結構ちゃんと続きます。 来てる人を中心にFacebookグループでリアクションがもらえたりと、最低一本はブログを更新できる状況が出来てきました。

勝ちパターンの発見

これ別に一人でできる方はいいのですが(そういう方、超尊敬します。)僕は怠け者なので、まず巻き込んでしまえば良いじゃん!という巻き込み型です。

これはブログにかぎらず僕の勝ちパターンっぽいので意識して実践しています。 自分自身でこうしたら物事うまく行くっていう所謂勝ちパターンを発見できるといいですね。

将来的には、息を吸って吐くようにブログが書けるようになりたいものです。

巻き込まれて一緒にブログ書きたい人は、Co-Edoブログ朝会に来てくださいね。火曜朝8:30です。

「とりあえず一人ではじめてしまおう!ソロ起業のすすめ」のイベントを主催しました

Hot Startups Beer Bash Tokyo #8

金曜日にとりあえず一人ではじめてしまおう!ソロ起業のすすめというイベントを、
僕がいつもいるコワーキングスペース茅場町Co-Edoで主催しました。

ゲストはCoffeeMeetingやFriendTossなどの人と出会ったり、繋げたりするWebサービスやアプリが得意技の山本大策さんです。

※実はホットスタートアップという社名はこのイベントシリーズから採っているんですよ。

なぜやっているのか

beerbash

そもそも、このイベントは僕が会社員時代からCo-Edoで「スタートアップとかそれにまつわるエンジニアを中心にしたイベントって何かできないかなぁ」と思ってオーナーの田中さんと一緒に始めたイベントです。

シリコンバレーで毎晩行われているであろう(という想像の)、「ビールを片手にサービスについて熱く語る会」というコンセプトでスタートして1年弱やってきてもう8回にもなりました。

ゲストでメインスピーカーをお呼びして45分位話してもらい、その後ピザなどのフードとビールを片手に参加者の5分程度のショートピッチ(軽いプレゼン)で盛り上がったり、他の参加者の方と交流してもらったりといったものです。

山本さんが僕に与えた影響

最初にPCに貼ったシールはコーヒーミーティングのシールなんです。

さて、今回のゲストの山本さんですが、僕がCombinatorのインタビューとかでも語っていますが、
もともと知ってた人が会社員をやりながらサービスを作って、しかもすごいスピードでユーザ獲得してすぐ起業した!
という事が衝撃的でしたし、スゴイなーって当時の僕は思っていました!

話を聞いていてスゴイなと思った所

やはり全て自分の力でやり切っているというところです。

  • サービス企画ができて
  • コードもかけて
  • 最初のユーザ獲得から運用まで出来る

イベントの告知文にも書きましたが、こんな人なかなかいないです。

僕は色々な起業家を見てきましたが、山本さんがかなり凄いと思うのはインキュベイトファンドとEast Venturesからトータルで2000万円超調達しているにも関わらず、基本は一人でサービスづくり・運用・ユーザとのコミュニケーションを全て行なっているという事です。

Screenshot_from_2014-05-28 00:08:21

特にイベントの中で印象に残っているのは

プロダクトに100%責任を持てる

というところで、ここが複数人でやる場合と大きく違うのかなと思います。


もちろん、複数人でやる場合にもそれはあると思うのですが、
エンジニア、デザイナー、ディレクター、営業など守備範囲の違いが出てきて、
いくらでも自分以外のせいに出来るんですよね。

やはりプロダクトに責任を持つ、という姿勢はサービスに関わる全ての人が見習うべき態度なのではないでしょうか?

僕の場合今は手伝ってくれる人もいますが、まだ一人会社なので尚更です。

 

GW11日間連続ペライチハッカソンを終えて

ウチのチームは会社員やフリーランスをしながらお手伝いしてくれる方が沢山いるのが特徴的で、トータルで12名のメンバが来てくれました。

DSC_4314

また、GW期間中は来ていなくても、リモートで仕様設計の相談や、技術調査してくれたメンバもいます!

チーム開発

それぞれにタスクを持って頂き、それをGitHubのissuesで管理しながら使って開発しました。

peraichi_issues

GitHubはみんなOK

Git使える人!という事で募集したので、みんな問題無いようでした。

大体Vagrantでハマる

vagrant

Vagrantという仮想環境構築ツールがあり、
下記のようなメリットがあるので、今回のように複数人で開発を進める場合には最適です。

  • 開発環境のセットアップの手間を省略できる
  • 個人PCの環境に依存しない

Vagrantについては以下が詳しいです。
さくらのナレッジ – 仮想環境構築ツール「Vagrant」で開発環境を仮想マシン上に自動作成する

ハマるポイントは皆それぞれでしたが、

  • 途中で走るはずのシェルスクリプトのコードが実行されない
  • VirtualBoxとVagrantのバージョン違いによるトラブル

などが多かったと思います。一応全員解決しました…よね?

良かったこと

チームでの解決がすごかった

vagrant_trouble_fb_post

誰かがハマっていることをFacebookにポストすると、Vagrant環境を作ったメンバや同じ所でハマったメンバ、他の詳しいメンバが速攻フォローに入っていて、チームとしての体を成していたのがとても良かったです。
みんなとても頼りになっています!

エンジニア同志の交流が出来た

作業だけでなく、ランチしたり、飲んだりしたときに沢山会話が生まれたので、いいエンジニアコミュニティが生まれたんじゃないかなぁと思います。

DSC_4294
CakePHPのプラグインの作りかたを教えてもらうの図

将来の会社運営のイメージがついた

DSC_4320_1
エンジニアが増えすぎたので僕は手前のビジネス島に追いやられました!

最終日まで来ると開発メンバがかなり多くなって、僕は開発から離れてビジネス系のメンバと作業をしていました。
将来的に社員が増えて行ったらこういうふうになっていくのかなというイメージができました。
※他のボトルネックになってたことが進んだんで、今は僕もコードを書いていますよ。

進捗

edit-p6
開発中の画面イメージ

フロント側のデザインがまだできていなかったのですが、
画面遷移や、各種のデータ取得はある程度めどがついてきました。まだ進行中のモノもあるので、それが終わればある程度形が見えてくると思います。

今後

5月中にクローズドβリリース、7月にオープン目指して開発しています。
今後も引き続き毎週日曜日にやっていますので、もしこれ見て興味持った方はGWは過ぎてしまいましたが、コチラまで。

スタートアップ起業家がプログラミングをやってみたほうが良い理由

macbookair50

僕は普段エンジニアが結構居るコワーキングスペースにいまして、そこ来る始めたてのスタートアップ経営者の方々に

「スタートアップ始めたいんだけど、エンジニアいないんで紹介してください」

と相談されます。頼られるのはありがたいのですが、大抵すぐ紹介できる方はあまりいないので可能な限りアドバイスをしています。
一般的なものとして例えば、

  • たくさんIT系の勉強会イベントに行く
  • コーヒーミーティングとかで一本釣りする etc.

ここらへんはRetty武田さんの話が参考になります。
当時の採用KPIとして「週あたり2人オフィスに人を連れてきてサービスについて議論する」とかしていたそうです。

とは言ってもなかなか見つかるもんじゃない

ただですね、結構前に相談に来た方が、半年経っても

・リクルーティング出来てない
・逃げられた
・お手伝いの方のモチベーションが上がらない

というのをちょいちょい見て、最近は考え方が少し変わって、

「まずは少しずつコードを書いてみたら」 とアドバイスをするようにしています。

仲間が見つかるかなんて、運の要素もあるので。
ストリートアカデミー藤本さんとか、Wantedly仲さんとかみたいにまずは自分で動くものを作るのが良いと。

たとえば、ストアカが出てきた時とかは

「コンセプトはすごくいいんだけど、UIがクソなんだよな」 っていう感想を持っていたのですが、(ディスってすいません)
これと全く同じ考えでCTOの岩田さんが「俺が入れば良く出来る!」と加入したりという話を聞きました。なので、

とにかく自分たちで動くものをつくる→それを見た技術者の方が(CTOとして)加入

というのを目指してコツコツとやっていくのが良いのではと思う次第です。

半年あればそれなりのものは出来ると思いますよ。
※今はドットインストールとかあっていいですよね。僕が始めた頃はほぼなかったですから。