背中を預けられる最高のメンバと仕事ができるか?

こんにちは。橋田です。

最近メンバが増えたり、サービスの動きについて聞かれることが多いので書きたいと思います。

サービスの状況

ペライチの状況は、今できているβ版をもってユーザヒアリングをして、
良い部分、悪い部分、お金を払うかどうかなど、仮説検証を続けているところです。

「いつ出んの?」とよく聞かれますが、改善を繰り返して確実に前に進んでいますので、今しばらくお待ちください。

また、ターゲットユーザになりそうな方にお声がけすることあると思いますが、その節はよろしくお願いします!

チームの状況

取締役に香月・山下を迎え、ホットスタートアップの体制がやっと整いました!
前から入ってほしいとラブコールを送っていたメンバが揃いまして、会社設立から半年、ようやっとスタートラインに立てた感じです。

photo__4_
左から、香月・僕・山下。1年以上前からこうなることを願っていました。

また、勢いのあるお手伝いメンバも健在です。
若干入れ替わりもありますが、僕ら以外に常時4-5名が手を動かしています。
また、アドバイスくれたり応援してくれてる方のFacebookグループが50名くらいになりました。 [Read more...]

うるる社長 星さんの先見性とブレない信念

調達のリリース

株式会社うるる – ニッセイ・キャピタル株式会社と株式会社みんなのウェディングへの第三者割当増資で約6.3億円を調達いたしました

僕の古巣のうるるが調達しました。おめでとうございます!
これまで10年近く完全自己資本経営だったので、(前から上場めざしている!と言っていましたが)本気でExitに向けて加速する方向に舵を切ったようです。


社長のスゴイと思うところって何ですか?

ウチのメンバーの香月に「うるるの社長のスゴイところってなんですか?」って聞かれたので答えたのですが、 [Read more...]

人との出会いだけが人生を変える

 

最近これは!という面白そうな人には自らアプローチして会うようにしています。
会った人の中で面白いなーと思う人をピックアップします。
ちなみに出会うキッカケはほぼブログですね。 [Read more...]

エンジニア系のイベント運用のコツ

 

最近、エンジニアを採用したいからイベントをやりたい!という相談が多いので、ちょっとまとめてみます。

 DSC_4551_2

なぜイベントをやるのか?

エンジニアの採用は大変です。転職サイトを使うとコストもかかります。
また特にスタートアップの会社ではマインド重視採用で、お互いを十分に理解してから入社してもらうというところも多いのではないでしょうか?

Wantedlyなどそうだと思うのですが、取りあえず会社に遊びに行って(=接点を持って)じっくりお互いを理解して、
転職したい!というタイミングが来たらする、という流れを作っていますね。

まらダイレクトリクルーティングといえばビズリーチですが、
彼ら自身も肉リーチというサイトを作って学生のダイレクトリクルーティングに力を入れています。

そういう意味で、イベントは会社とエンジニアの重要な接点になっていると思います。

エンジニアはなぜ勉強会に来るか

参加者から運営する側に変わっていった僕の経験的には以下です。 [Read more...]

インターンと過ごした3ヶ月

はるばるポーランドから弊社にインターンに来ていた学生インターンの杉浦君が、ポーランドに帰るため今日で最終出社となりました。

インターンとして、

  • 類似サービスのリサーチ
  • グロースハックプランの立案
  • イベントのお手伝い

など活躍してくれました!

出会いはWantedly

wantedly_intern_sc

3ヶ月前。Wantedlyにインターン募集を出して1週間くらいした頃でしょうか。

インターンの応募なかなか来ないな、、、と思っていたらところに応募が。
「ポーランドからスゲーやつが来た!」と思って会ってみました。

会った時の印象は「何したいのかよくわからないなぁ」という印象だったのですが、
丁度その日の夜にイベントがあったので、いきなりその日から同行してもらってのイベントお手伝いから始まりました。

そういうグイグイくるノリの人、大好きです。

0からのスタート

Webのスタートアップにインターンに来た彼ですが、
最初は何もわからない状態でした。

正直、よくこれでWebサービスを作ってる会社にインターンに来たなぁ。大丈夫かなぁ。

と思うこともありましたが、その不安は払拭されていきます。
わからないながらもがむしゃらにやる、というのが取り柄でした。

取り組む姿勢

自分から積極的に関わろうとしてくる


これが全てなのですが、何事も主体的です。
インターンに限らないですが、少人数のベンチャーではこれがないと始まらないです。
自分から仕事を貰いに来たり、とにかく前に進めようとする姿勢を出してきます。

リアクションが早い


たとえ今できなかったり、後でやるとしても
「わかりました!」「見ておきます!」「了解!」
と、リアクションをまずする。

これがあると、とくに対面で話をしていないときには相手にとって安心感を与えますし、
そのスピードが早いという事は、必然的に実行するスピード感も早くなってきます。
彼は大体週1くらいしか来ないので、リモートで指示を出すことも多かったです。

彼の成長にコミットする

弊社のインターンは現在無給なので、それでも来てくれる人には

お金ではない何か

を提供しなければと思っていました。
彼にとってそれは何なのか、最初は手探りでしたが付き合ううちに見えてくるものもありました。

僕自身もよく相談に乗ったと思いますし、時間が経つにつれて彼にあったテーマを仕事として振れるようになってきたと思っています。

3ヶ月で彼が経験し、吸収したこと。

僕が思うに彼は以下のことを吸収したんじゃないかなぁと思います。

  • Webサービスのこと – 主に他のサービスのリサーチや、そこからわかったことをまとめてもらっていました。
  • ビジネスのこと – 彼の起業アイデアについても周りの人に相談して、結構具体的になってきました。
  • 技術のこと – 彼はコワーキングで出会った人からPHPの本を貰ったので自分でプログラミングを勉強しています。
  • スタートアップのこと – Co-Edo有言Laboのお手伝いや、movidaのデモデーのスタッフをしたり、某スタートアップ社長とのランチに同行したりとか。

これは僕だけでなく、むしろ僕の回りにいる人たちのお陰だと思っていて、
関わる全ての人が彼を成長させたのだと思います。ありがとうございます!

今後も応援していきます!

一番左のワイルドな彼が杉浦くん。格闘技をやってたので、ホットスタートアップの武闘派です。

インターン打ち上げでの写真。一番左のワイルドな彼が杉浦くん。格闘技をやってたので、ホットスタートアップの武闘派です。

5月の創業パーティ、Co-Edo有言Laboのお手伝い、movida demodayへのスタッフとして参加、ブログ書き、Strikinglyを始めとしたペライチ系サービスのリサーチ、などなど。。本当にあっという間でした!

今後は大学に行きつつ、EU圏での起業を目指すとのことなので、全力で応援したいと思います。
リモートでペライチもまだ諸々手伝ってもらうので、今後ともよろしく!という事で。

インターンはまだまだ募集中ですよー。