VR ZONEに行ってきた

業界ではVR元年と言われていますが、ハコスコくらいしか体験したことがなかったので、ダイバーシティお台場内にあるVR ZONEに行ってまいりました!

以下ブログなんで文章で書いてますが、正直体験しないとわからないです

まずはこちらの動画をご覧ください。

没入感凄すぎる。 #vrzone #猫拾い #足場揺れてます

橋田 一秀さん(@hassy0607)が投稿した動画 –

やはりユーザ体験(UX)大事です。特に僕たちは普段ブラウザやスマホだけで出来ることをやっているので、体感型アトラクションはとても新鮮でした。

体験したアトラクション

ホラー実体験室 脱出病棟Ω(オメガ)

thumb-pc_1
車いすに乗って、病棟を脱出するアトラクションです。

制作裏話1

先日のVR Tokyoの時にコヤ所長(中の人)が制作裏話を語っていたのですが、

すごいリアルな空間を作るべく、デザイナーや3Dエンジニアはめっちゃ頑張った

でも実際に動かしてみたら、暗くないと全然怖くない!

ということで視界めちゃ暗くした。
そうなので、すごい作りこんであるのでよく見渡してやってください、とのこと。

※ちなみにやってる最中は怖すぎて全然そんなことを確認する余裕はありませんでした!!!

制作裏話2

最初は体力ゲージがあったそうなんですが、ゲームっぽくなっちゃうんでなくしたとか。
なので、ミスると一撃死です。一度でクリアできなかったのでもう一度行きたいですね。

2人以上で行きましょう!

これは一緒にプレイできるので絶対2人以上で行ったほうがいいです。
ちなみに、VR ZONE内にいると、このブースをやっている人の叫び声が定期的に聞こえてきます
いやまじ怖いんです。でもオススメ。絶対やってください。

アーガイルシフト

thumb-pc_1 (1)

ガ◯ダム的なメカに乗って、視線誘導で敵を撃ち落としていくアトラクションです。
男子的には超楽しい。が、ボリューム的に少し物足りなかったので続編に期待です!

REAL DRIVE

thumb-pc_1 (3)

こちらはゴーグル無しで、リッチなゲーセンのレーシングマシンという形。
他のモノに比べて没入感が少ないので、VR酔いする人や、
パーツのカスタマイズができるので、やり込むタイプの人には良さそうです。
※今は体験できなくなった模様です!新アトラクションと差し替えられると思います。

高所恐怖SHOW

thumb-pc_1 (2)

最初の動画のものなんですが、本当にリアルでした。
視覚聴覚に加えて、風が出たり、足元がグラついたり。

先ほどの動画のように、立って動いてみてと言うのは座ったままの状態に比べて没入感の具合が全然違いました。
5感のうち、視覚・聴覚をガッツリ押さえられていて、さらにここでは触覚(足元の感覚・風・手元の感覚)まであるので、すごいリアルな感じでした。

VRについて考えてみた

まずはVRはこのようなエンタメ領域から広がっていくと思います。
ただビジネスではどうかなーと思って、個人的にはVR会議室に注目しています!

リモート会議はSkypeやハングアウトでも良いんですが、できるだけその人の様子がわかったり、仮想ホワイトボード的なものがあるとより良い会議ができると思います。

VR ZONEは予約が必要ですが、オススメです!

さて、VR ZONEの方ですが、予約が取れるのが1ヶ月先の分からで、土日や平日夜など混みそうな時間に行きたい方は午前0時にPCの前に正座していないダメっぽいです。お友達をお誘い合わせの上ぜひ行ってみてください!

※僕自身はまたコンテンツがアップデートした頃にリピートしたいと思います!
と思ったら、新しいアトラクションが追加されてました!7/15〜だそうです!

screenshot-project-ican.com 2016-07-07 09-05-08

なんでもそうなんですけど、やってみるのが一番大事ですね!

The following two tabs change content below.
Facebookは基本お会いしたことがある方のみフレンド承認していましたが、 お会いしたこと無い方でも、メッセージで申請理由を一言添えて申請頂ければ承認するかもしれません。 フォローも許可しているので、お気軽にどうぞ。 Twitterも最近はアクティブです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>