経営者が軍師官兵衛を見たほうが良い3つの理由

こんにちは。橋田です。

僕は年始から18年ぶりに大河ドラマを全部見ていて、毎週日曜夜がとても楽しみなほどハマっています。
信長、秀吉、家康に仕えた軍師、黒田官兵衛のお話です。

戦国時代の武将と経営者は同じだと思う部分がかなりあるので、
その理由を3つに分けて書きたいと思います。

命を掛けた決断の連続

全ては生き残るため。」と父親役の柴田恭兵がいつも言うのですが、これは小さい戦国武将の黒田家の判断基準を凝縮したセリフだと思います。
経営者は決断する仕事だと思うのですが、特に戦国時代の場合、一つミスると即、死につながるので現代に生きる僕らとは比べ物にならないくらいプレッシャーがあります。
決断が結果的に間違いであり、死んでいく武将もいるのですが非常にケーススタディに富んでいます。

ドラマの中で出てきた失敗するケースとして挙げられるのは

  • 守りに徹してしまい、攻めに転じられない。
  • 過去の実績にこだわり過ぎる。新しいものを受け入れない体質。
  • 世の中の動きに鈍感。
  • 自分の中の小さなプライドを捨てられない。
  • チームをまとめ切れない。
  • 敵対勢力の揺さぶりに屈する。

色々挙げましたが根本的な原因としては、時代の急激な変化に対応できないからなんですね。

尊敬するnanapi CTOの和田さんもいつも言っていますが、変化できないものは置いて行かれます。
変化に対応できる能力がとても大事に思います。

お金ではなく知恵で解決

官兵衛は最初兵力がとても少ないので、敵の大群に対して策を用いて少人数で撃退したり、相手の武将を調略し戦わずして勝つようなまさにグロースハックを地でいくような発想を実行します。

様々な武将タイプ

戦国時代、さまざまな武将が活躍します。
自らのロールモデルを探すのに良いかもしれません。
官兵衛のような策士や、信長のような圧倒的カリスマ、柴田勝家のような猪突猛進型などなど。
僕は仲間とワイワイやるタイプなので。秀吉タイプかもしれません。

 

 

やはりストーリーは良いですね。心を動かされます。

最後に見てない人のために、NHKオンデマンドのリンクを貼っておきますね。
見放題パックは972円/月で見放題のようです。

NAVERまとめも概要を把握するのに良いですね。

熱意+仕組み化 = 達成

何事もそうだと思うのですが、物事を達成するために必要なのは熱意と仕組み化だと思います。 そもそもの熱意は大事。超大事。でも熱意だけでは続かないので、続くように仕組み化することが大事です。

これは社会人になって、というかエンジニアになって学んだことかもしれません。 今年から毎週1回、何人か集まってただ自分のブログを書く朝会をやっているのでそれを例にお話しします。

熱意 – ブログ書こうぜ!と言ってみた

10273625_635825763175834_8502333350150123138_n

昨年末くらいから「来年こそはブログを継続させたい」と言い続けてました。 そこで、日付と場所を決めてやり始めたら最初から5,6人集まりました。

僕はいつも1月とか4月のキリのいいタイミングでブログを始めてみて、 大体3〜7回程度で更新が止まるという事を繰り返してきました。 同じような悩みを持った仲間も多かったようです。

仕組み化 – 毎週続けてみた

C789_mbawosawarute500

これが毎週やってみると、これが結構ちゃんと続きます。 来てる人を中心にFacebookグループでリアクションがもらえたりと、最低一本はブログを更新できる状況が出来てきました。

勝ちパターンの発見

これ別に一人でできる方はいいのですが(そういう方、超尊敬します。)僕は怠け者なので、まず巻き込んでしまえば良いじゃん!という巻き込み型です。

これはブログにかぎらず僕の勝ちパターンっぽいので意識して実践しています。 自分自身でこうしたら物事うまく行くっていう所謂勝ちパターンを発見できるといいですね。

将来的には、息を吸って吐くようにブログが書けるようになりたいものです。

巻き込まれて一緒にブログ書きたい人は、Co-Edoブログ朝会に来てくださいね。火曜朝8:30です。

スタートアップ起業家がプログラミングをやってみたほうが良い理由

macbookair50

僕は普段エンジニアが結構居るコワーキングスペースにいまして、そこ来る始めたてのスタートアップ経営者の方々に

「スタートアップ始めたいんだけど、エンジニアいないんで紹介してください」

と相談されます。頼られるのはありがたいのですが、大抵すぐ紹介できる方はあまりいないので可能な限りアドバイスをしています。
一般的なものとして例えば、

  • たくさんIT系の勉強会イベントに行く
  • コーヒーミーティングとかで一本釣りする etc.

ここらへんはRetty武田さんの話が参考になります。
当時の採用KPIとして「週あたり2人オフィスに人を連れてきてサービスについて議論する」とかしていたそうです。

とは言ってもなかなか見つかるもんじゃない

ただですね、結構前に相談に来た方が、半年経っても

・リクルーティング出来てない
・逃げられた
・お手伝いの方のモチベーションが上がらない

というのをちょいちょい見て、最近は考え方が少し変わって、

「まずは少しずつコードを書いてみたら」 とアドバイスをするようにしています。

仲間が見つかるかなんて、運の要素もあるので。
ストリートアカデミー藤本さんとか、Wantedly仲さんとかみたいにまずは自分で動くものを作るのが良いと。

たとえば、ストアカが出てきた時とかは

「コンセプトはすごくいいんだけど、UIがクソなんだよな」 っていう感想を持っていたのですが、(ディスってすいません)
これと全く同じ考えでCTOの岩田さんが「俺が入れば良く出来る!」と加入したりという話を聞きました。なので、

とにかく自分たちで動くものをつくる→それを見た技術者の方が(CTOとして)加入

というのを目指してコツコツとやっていくのが良いのではと思う次第です。

半年あればそれなりのものは出来ると思いますよ。
※今はドットインストールとかあっていいですよね。僕が始めた頃はほぼなかったですから。

僕が大切にしているポリシー

今けんすうさんのブログが話題になっていますね。

就活生の人は、企業側の論理とかは気にしなくていいと思う

 

そこで取り上げられているブログは削除されているので、
ここでは取り上げませんが、僕は削除される前に読みました。
※2014.3.21 17:21追記。状況説明のブログが公開されました

誤解のないように先に言っておきますと、

けんすうさんそしてnanapiは

発信の仕方や、インターネットというものについての考え方、創業期の戦い方などが、

就職、転職系のサービスをやっている会社のCTOの方(Aさん)やその会社は

カルチャー・ビジネスモデル・技術

どれをとってもイケてる会社だと思っており、

僕が目指す会社の話をする時にどちらも
いつも必ずお名前を出すくらい大好きですし、尊敬する経営者です。

 

けんすうさんにPay Forwardされた話

1年半前、イベントで初めてお会いしたけんすうさんは何もなかった僕に対して、
超長文のメッセを返してくれました。

fb_message_hashida

fb_message_kensuu

fb_message_kensuu2

fb_message_hashida2

引用元のブログにも書いていますが、Pay Forwardなんですよね。

これってどういうことかというと、みんな言うんですが「Pay Forwardだ」ということなんです。もう何人の先輩から同じこといわれたんですが「自分たちも先輩からいろいろ教わってきた、先輩にお返しできることはないが、自分が同じように、他の人を助けることはできる、だからお前も、俺には返さなくていいから、他の人にかえしてやってくれ」なんです。

それから、画像は出しませんが、
Aさんも僕が困っている事を書いたFacebookの投稿に
長文のレスを付けてくれたことがありました。

 

大切なことは何か?

今になってすごく思うのですが、

会社始めたてだし
一人だし
やることたくさん有るのですが、

僕の先日のブログを見た人からFacebookやTwitterで

“勇気づけられた”
“話を聞かせてくれ”
“嫁を説得したいからアドバイスをくれ”
“なにか一緒に出来ませんか?”

などのリアクションを頂きました。

僕は

可能な限り時間を取りますし、
コーヒーミーティングもしますし、
ランチもしています。

経営者の時間はとても大事だ、他に今やるべきこと有るでしょ?

という話はものすごく言われますが、
困っている事を聞いて、それを助けることは僕のポリシーです。


基本的にビジネスは人助けだと思います。

それから、Pay Forwardとはよく言ったもので、
それは人間関係が非対称だからです。
決してGive & Takeではないんです。

僕も例に漏れず何かを教えてあげたり、勇気づけたりした相手だけではなく、
全然別の人からいろんな事を学びます。

僕は最初に挙げた2人の方ほど経営者として色々な経験をしたわけではないですが、
思うことを書きたかったので書きなぐってしまいました。

僕も就活生では無いですが、僕と嫁の人生がかかっているので、ガツガツ行きますよ!

画像の最後にあった当時のけんすうさんのブログはこちら。
ネットで新規事業をやる際に考えておくといいこと